横浜でオススメの注文住宅をわかりやすく解説

横浜といえば、日本の中でも西洋の文化が多く入り込んでいるところです。なぜこのように西洋の文化が多く入り込んでいるかといえば、幕末に日本を開国した時、港を開いたからです。外国船は集まり、ここで西洋の文化が入り込んできました。それ以外にも函館や新潟なども港を開いていますが、やはり江戸から一番近かったのが横浜なのです。そういう理由から、多くの船でにぎわい西欧の文化が取り入れられました。現在でも西洋の文化が残されているところが多く、日本の中でも西洋の香りが残っています。もし横浜に住むことになり注文住宅を建てる場合には、どのような住宅を進めでしょうか。やはりは法よりも洋風が似合う街ですので洋風の住宅を造った方がよいでしょう。具体的にどのような住宅があるでしょうか。

全国的に北欧風の住宅がはやっている

かつては日本の住宅が多くを占めていましたが、最近は輸入住宅も増えてきています。輸入住宅の特徴は、建物の設計だけでなく、資材も外国から取り寄せているのが特徴です。つまり外国の住宅をバラバラにした状態で日本に輸出しているわけです。そのような西洋の住宅を扱うところも増えてきていますので、選んでみてはどうでしょうか。扱っているのは外国製の輸入住宅をメインにしているハウスメーカーや工務店などです。これらから注文住宅を建てる時には、複数のカタログを取り寄せることが重要になります。カタログを取り寄せて自分が理想としている住宅をイメージしてみましょう。このとき問題になるのはやはり費用です。費用は普通の住宅に比べても高くなる傾向があります。やはりそれは輸入住宅だからです。

業者の特徴をよくつかむことが大事

輸入住宅を扱っている注文住宅を建築する業者の中でも、やはり特徴があります。でも耐震性を重視し、住宅であれば、大きな地震が来た時でも安心して住むことができます。ただしこの時、基盤がしっかりしているかどうかも重要になるでしょう。耐震性がしっかりしていても、基盤がいい加減であればその建物はずれてしまいます。もう一つは業者の建築に対する思いです。営業マンを見るとその会社がどんな会社かがわかりますが、こだわりを持って住宅を建築している営業マンと、単に仕事として数字を上げるためだけにやっている営業マンがいます。もし住宅を造るものとすれば、前者と後者のどちらがよいでしょうか。さらに、建物に対するこだわりは見積もりなどによってもわかります。見積もりは単に金額を見るだけでなく、どれだけ細かく書かれているかを見ておきましょう。